完成度が高い東京の板金塗装専門店の探し方

板金 東京

東京にお住まいの方でもすでにご存じの方も多いと思いますが一般的に車の板金塗装は自動車の外装に対し何等かの影響で損傷が発生した場合に行われる修理/修復作業の事を言います。一見ある程度の技術さえあれば結果的にはどこの会社でも遜色ない仕上がりが出来ると思われるかもしれません。板金に関してはボディの変形部分をハンマリング、つまり板金ハンマーと当て板でならして復元させるのが基本です。その後でパテや盛りはんだ、溶接機などで微調整していきます。次に板金作業終了後の修復部分を可能な限り、元のボディーカラーへと塗装していきます。ここで認識しておくべきは、たとえメーカーからの純正ボディーカラー用調合割合の資料があったとしても簡単に同じカラーは出せないという事です。いかに元の状態に近づけるかどうかは職人の技次第と言えます。

車は損傷状態により業者の修理方法も違い料金もまちまちです

車の修理代に掛かる費用に関して相場は無いのが現状です。それは車の損傷の度合いにもよりますが、同じ損傷具合の箇所に対し修理が簡単と捉えるか、手間仕事と捉えるかで各職人の見解が分かれる場合があるし、金属部分と樹脂部分の修理方法も様々だからです。厳密にいえば板金塗装とは車の金属部分を修復し元のカラーに可能な限り近づけるよう塗装する事をいいます。しかし板金技術を要さずとも部品交換や塗装の為に行う部品の脱着なども板金と呼ばれることが多いです。修理が必要とされるような損傷で一番多いのは前後のバンパーです。殆どの車のバンパーはFRP樹脂を素材として作られていて、この樹脂は過熱などにより形成も容易となるため板金の料金としては安いようです。バンパーに関しての修理方法は部分塗装・一本塗り・バンパー交換と3種類ほどあります。バンパー以外も含め損傷状況に応じた詳細な修理方法を東京の業者に確認しましょう。

愛車修理は経験で技術を磨いた職人のもとへ

車は高額の動産と言えます。それゆえ何か損傷が生じた場合、元通りにしたいと思うのは多くの人達の願いです。車は使用年数と共に全ての部分が経年劣化します。またボディーカラーも太陽の紫外線などで少しずつ変色していきます。その為完全な復元は不可能です。このような状態の中、高い技術力を持った板金職人はメーカーからのカラー調合の資料を見ることなく長年にわたる経験のみで経年の劣化度や現在の車の色に合わせたカラー調合を行います。こうした高い技術者による修復後はプロの車鑑定士や査定士などでも見まがう程の出来上がりとなりますが、やはりその後の年月経過にしたがい色褪せていく上で微妙に色の違いが生じてくる場合があります。経験を積んだ高い技術者による修理は料金もそれなりに高額になる場合が多いので、東京でより精度の高い修理を望むなら修理代の見積もりを数社に出して貰い金額の違いが何かを説明してもらうと良いでしょう。